中学受験ブログ アメブロを私が辞めた理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上の子の時は、私はアメブロをしていました。

でも、辞めました

理由は3つ

アメブロをしている方気を付けてください

身バレの可能性が出てきた

上の子が5年位の時からアメブロをはじめました。

中学受験の中で最高峰を目指していたので、その学校に受かったお子さんの情報が欲しかったからです

もちろん欲しかった情報は

  • 使っていた参考書
  • 来年度以降の塾のスケジュール
  • 勉強方法
  • 実際の模試の成績

自分からアメンバー申請して、あとは中学受験ブログを長くやっていたアメンバーさんの記事を申請したりされたり

当時30人ほどアメンバーさんいました。

でも、上の子が6年の春季講習のころ「お母さんブログやってない?」って言われたんです。

このブログで同じお弁当箱見たって感じのことを言われました

もちろん上の子には、やってないと言いました。

一応その話を聞いてから、一揆にアメンバー記事のお弁当の写真を差し替えては怪しいので、別のお弁当箱の写真(下の子のお弁当)とかを適当に何度か掲載して、お弁当の記事をアップするの辞めました。

そしてアメンバー30人ほど、同学年のアメンバーさんは全部切りました

  • 皆さんアメンバーさん大丈夫ですか?
  • 公開記事でお子さんの持ち物載せているかた大丈夫ですか?
  • 塾のスケジュール掲載しているかた大丈夫ですか?
  • お弁当を掲載しているかた大丈夫ですか?

お子さんを守れるのは、親だけです。

以前の記事で書きましたが、ブログの目的はリアル社会では発散できない優越感を匿名性の高い媒体で言いたい放題書けるという点があります。

しかし、そこに成績上位層間であってもなくても、嫉妬は生じて、だれか暴きたいという心が働きます。

嫉妬から陥れたいという気持ちも起こります。

そう、だれか暴いて、その人の本名を書き込む輩だっています。

本名が山田太郎だとしたら

〇塾お茶の水教室の Y田くんとかね。

実際、そんなことたくさん見てきました。

私は、今下の子の学年のブログを見て2名ほど個人特定してしまいました。

公開記事だけで、解ります

おそらくアメンバー記事だと、もっと特定可能で、自分の子どもの成績がその記事主のお子さんより劣ると何されるかわかりません。

まさに2月の勝者、母親の狂気が間違った方向で進んでいくことです。

嫉妬はだれでもあります。

それがあらぬ方向に進んでいくと、身バレ、お子さんを守れなくなるから気を付けてください。

思ったより参考にならない ストレスが溜まるだけ

書いている内容なんて思ったより参考になりません

だって、もともとポテンシャルも環境も違うお子さんの記事ですもん。

模試の度にアメンバー記事で、お互いの成績自慢見ても何も参考にならないです。

そして、ブログの記事で上の子より成績が悪いとホッとする自分がいました。

でも、結局ストレスが多いし、参考書だって、なんだって先生に聞けばよいことがわかりました。

応援がばからしくてやめた

お互いに頑張ろうね!!

とかそうゆう応援がだめでした。

私は上の子も、下の子もまずはわが子が合格しないと困ります。

アメブロの知り合いが合格して、まさかの自分の上の子が不合格だったら

正直耐えられません。

だから、無駄な応援合戦をすることはやめました

応援で唯一感動したこと

それは子ども同士が、一緒に合格したいと言っている姿を見た時です。

同じ教室で、遊びたい盛りの時間を塾に閉じ込められて勉強

小学校に行けば非受験組の楽しそうな冬休みの計画

遊びたい、そんな6年生が、一緒に合格したいと言っている姿には感動しました

だからこそ、親である私は足を引っ張てはいけないと思いました。

最後に

アメブロは何も悪くありません。

無料マンガ、リアル体験。

私は、自分の人生の転機に参考にさせてもらいました。

実際、読み物として時間を忘れる位面白いものもたくさんありますし、アメーバTV今は上の子の大好きな娯楽の一つです。

すべての作品が見放題【Abemプレミアム】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。